子供の乳歯を虫歯菌とは無縁に!

子供の乳歯を虫歯から守るために、ご家庭でできることは何でしょうか。
歯科医などでは、虫歯予防は生活習慣の見直しがポイントとしているそうです。

 

生活習慣は乳歯の子供くらいですと、
まだまだ一人でコントロールすることができません。
ですから、ご両親、ご家族が一緒になって、生活習慣を見直していきましょう。

 

生活習慣の中で、まず何よりも、食事やおやつを見直すことが重要です。
糖分が多いおやつは控えるというのが基本になりますが、
それに加えて、虫歯になりやすい体質の子供なら、
歯の再石灰化を促すキシリトールが入ったガムや飴を与えるとよいでしょう。
あまり多く食べるとお腹がゆるくなりますので、適度を心がけてくださいね。

 

また、食べた後は歯を磨く。
当然のことですが、大人がやらないのに子供がやるわけがありません。
まずはやってみせる姿を親が見せ、子供も巻き込みましょう。

 

幼い子供でしたら自分だけで磨かせて終わらせるのでなく、
必ずご両親が仕上げ磨きをしてあげてくださいね。

 

 

そして、食事やおやつの時間はしっかり決めること。
いつまでもダラダラ食べていると、口の中で酸が発生し続ける状況ができてしまい、
唾液による中和作用もむなしく虫歯を進行させてしまいます。

 

「おやつを食べてる時間は静かでいいわ〜」なんて思って、
ついついダラダラ食べるのを許してしまうと、後々大変なことになってしまいます。

 

虫歯を予防するためにも、けじめのある子に育てるためにも、
食事は時間を定めて、その時間内に食べ終わるように習慣づけましょう。

乳歯で虫歯になりやすい部位

「子供の虫歯は親がよく見てあげないといけない」と言われるものの、
乳歯の虫歯は見つけにくいとも言いますし、実際わからないという人も多いです。

 

今回は、そんなご両親のために、子供の乳歯の虫歯ができやすい箇所について、
ご紹介しつつ、対応についても考えていきましょう。

 

 

■奥歯の溝
乳歯も奥歯の表面には無数の溝がありますが、
大人に比べ乳歯のの溝は深くなっていて、虫歯菌もたまりやすい形になっています。

 

溝が深い場合、歯ブラシが奥まで届きにくく、
お子さんも我慢がまだできないため、歯みがきが中途半端になりやすく、
虫歯菌が残り、歯垢を糧にして虫歯が進行しやすい部分となっています。

 

 

■奥歯と奥歯の間
奥歯と奥歯の間は、子供の乳歯の虫歯が一番できやすい箇所と言われています。
というのは、乳歯の奥歯と奥歯の間には一見すき間がないので、
歯垢も入らないと思いがちですが目に見えない細かさで入ってきています。

 

なかなか歯ブラシで汚れを十分に落とすことができない部分ですから、
デンタルフロス(歯みがき用の糸)によって歯垢の除去を行う必要があります。
もしも、デンタルフロスをしている際に、引っ掛かりを感じるなら
虫歯の可能性がありますので、早めに歯医者で相談し対応を始めましょう。

 

 

■乳歯と歯ぐきの間
大人と違って子供の歯ぐきは柔らかいために、歯ブラシが強く当たったり、
毛の固いものを使っていると痛がったり、歯ぐきが傷んでしまう場合もあります。

 

ですが、仕上げ磨きで、歯と歯ぐきの境目をしっかり磨けないことで、
初期虫歯を引き起こす原因となってしまいがちです。
乳歯の虫歯の色は、透明感のない真っ白で、歯ぐきに帯状に見えることがあります。

 

この場合はわかりやすいので、早期に気づけますし、
初期症状ですから、歯磨きやフッ素ですぐに元に戻ります。

 

 

■上顎の前歯と前歯の間
乳幼児期は、母乳や哺乳瓶による飲料の摂取がありますが、
この時、上顎の前歯が容器と飲料に直に接します。
そのため、糖分が歯に付着しやすく、特に液体なので前歯の間に溜まってしまいます。
それで上の前歯の間から虫歯になることが多いので注意しましょう。

 

哺乳瓶でミルクやスポーツドリンクなどを長時間飲むと、
その分虫歯になりやすくなるので注意が必要です。
また、哺乳瓶は虫歯菌の付着・繁殖を防ぐためにも、
毎回しっかりと洗浄・消毒するように心がけてください。

 

 

 

毎日の歯みがきや、仕上げ磨きの際に、こうしたポイントを特に注意し、
入念にケアをしてあげるようにして子供たちの歯を守ってあげてください。

 

また、今は一度住みついてしまった虫歯菌を除去できる歯磨き粉も市販化されています。

乳歯が生え変わるのはいつ頃なのか

生まれたばかりの赤ちゃんには歯茎はありますが、歯は生えていません。
では、乳歯はいつ頃生え始めるのか?
また、乳歯が永久歯に生え変わるのはいつ頃なのかなどについて見てみましょう。

 

赤ちゃんに歯が生え始めるのはいつ頃?

大概の人は自分が赤ちゃんの頃のことは記憶にないでしょう。
したがって、自分の歯がいつ頃生え始めたかは分からないと思います。

 

乳歯が生え始めるのは個体差がありますが、普通には早くて生後6ヶ月頃、
遅いと9ヶ月頃とされています。

 

なお、歯が生え始めるのは下のあご側の前歯からで、
奥歯まで20本が全部生えるのは2歳半から3歳半とされています。

 

このように年齢に幅がありますが、満1歳を過ぎても歯が生えてこない時は
何らかの異常が考えられます。

 

乳歯が永久歯に生え変わる理由

普通、赤ちゃんから幼児になり、離乳食も完了期になると
子どもの歯はきちんと機能します。

 

ただし子どものあごは大人と比べるとかなり小さいので、
いきなり大人と同じ永久歯が生えるとあごに負担がかかり過ぎます。
つまり歯とあごとのバランスがとれるように、まずは乳歯が生えるのです。

 

しかし、あごが発達すると、乳歯のままでは逆にあごと歯のバランスがとれません。
そこで成長の過程のいずれかの時点で乳歯が抜けて、永久歯が生えてきます。

 

永久歯の下地は赤ちゃんの時からできてくる

乳歯が抜け落ちて、そこに永久歯が生えてきますが、
永久歯は生後間もなくから生え変わる準備をしています。

 

ただし歯茎の中ですから、見た目には分かりません。
歯茎の下にある永久歯が成長してくると、乳歯の歯根を溶かす細胞ができます。
個の細胞は徐々に乳歯を溶かしますから、乳歯は小さくなり抜け落ちます。

 

乳歯が永久歯に生え変わる時期はいつ頃か

乳歯が永久歯と入れ替わるのは下の前歯からで、大体6歳頃からのようです。
それから6年以上かかって、徐々に乳歯が大人の歯である永久歯に生え変わります。

 

なお、歯の入れ替わりは個体差がありますから、
早い時には4歳の頃から入れ替わりが始まる子どももいるようです。

 

付記しますと、乳歯は琺瑯質や象牙質が柔らかいので、
永久歯よりも虫歯になりやすいとされています。
また、虫歯はたとえいずれは抜け落ちる乳歯でもきちんと治さなければなりません。

 

母乳が虫歯になりやすいって本当なの?

乳児期のお子様をお持ちのママであれば、
「早く断乳しないと虫歯になる」

 

という話を聞いたことがある人もいらっしゃるかもしれません。
1歳半健診には、歯科健診が入っています。

 

この時、虫歯があれば普段の食生活や歯みがきの様子を聞かれたり、
アドバイスをもらったりすることが多いのですが、
歯科医の口から母乳が虫歯の原因であるかのように言われてしまった
先輩ママたちを通して、そうした話を耳にすることは少なくないようです。

 

ですが、歯科医の常識として母乳が虫歯の原因になることはほとんど考えられません。
というのは、医学的にもエビデンス(証拠)が取れているからです。

 

 

ある実験で、乳歯を母乳の中に浸しておいて、虫歯になるかどうかをテストしました。
すると、その結果、その乳歯が虫歯になることはありませんでした。
母乳が虫歯の原因であるならば、浸しておけば虫歯になるはずなのです。
では、どうして虫歯の原因になるのか、その理由は「歯垢」と考えられています。

 

1歳半頃にはもう離乳食が始まっていることが多く、
少なからずその歯には食べかすがついたり、歯垢が発生しています。
乳歯に歯垢が付着したままだと、授乳を通して虫歯になりやすくなるそうです。
これは、母乳に含まれる乳糖と歯垢が反応することによって、
虫歯ができやすい環境ができてしまうからです。

 

普通、乳児の口の中には虫歯菌はいませんし、
乳児の成長とともに虫歯菌が生成されることもありません。
虫歯菌は周囲の人から口移しやスプーン移しなどを通して感染するので、
周囲の人の虫歯の有無による影響の方が母乳による影響より大きいと考えられます。

 

 

また、虫歯のできやすさは個人差があり、唾液が多い子供は虫歯になりにくく、
逆に唾液が少なかったり、口呼吸で口内が乾燥しがちな子は虫歯になりやすいです。
その他にも、遺伝的に歯のエナメル質が弱い子もいますが、母乳には関係ありません。
大事なことは、しっかり歯垢の除去がされているかどうかです。

 

 

多くの場合、断乳を勧められるのは歯みがきがうまくいっておらずに、
歯垢があることによって虫歯のできやすい状況ができてしまっているからです。

 

歯科医の説明不足もあるかもしれませんが、ママの多くがそちらに衝撃を受け、
そのことばかりが強調されて伝達されるために誤解が広がっているものと思われます。

 

 

母乳で育てることはママとお子さんの大事なコミュニケーションですし、
断乳の時期は人それぞれでいいはずで、周囲があれこれ言うことではありません。

 

自力での感情の制御ができない1〜2歳児は、
おっぱいを満足いくように飲ませてもらう中で愛されている自信をつけ、
強い心で自立するようになるのです。

 

 

また、このくらいの年頃は、様々なウィルス感染症や突発性の発疹など、
様々な病気と戦いながら免疫も作っていく時期で、食事はとても大切です。

 

たとえ体調や気分が悪く、離乳食を食べられない場合にも、
母乳を嫌がることはほとんどありませんし、栄養をしっかり摂るので回復も早いです。
この時期は、甘い食べ物や飲み物にさえ気をつけて、
歯みがきをちゃんと行っておけばそれほど虫歯に神経質になることはありません。

 

この時期の虫歯の原因は歯垢にありますから、そこはしっかりケアしつつ、
きちんと歯磨きをして、授乳による母子のコミュニケーションを大事にしましょう。

 

虫歯になった乳歯の処置はどうすればいいのか

人の身体は自然の摂理で、不思議なことばかりですが、
幼児の乳歯もそのひとつと言えます。
乳歯は必ず抜け落ちて、永久歯が生えてきますから、
乳歯が虫歯になっても心配ないという声もあるようです。
では、虫歯になった乳歯の処置はどうすればいいのかを考えてみましょう。

 

乳歯は永久歯のベースになる大切な歯

確かに乳歯はいずれかの時点で抜け落ちて、そこに永久歯が生えてきますが、
実は乳歯は永久歯のためのベースとなる大切な歯なのです。

 

つまり仮の歯のようでありながら、そうではなく、
永久歯できちんと噛めるようになるために頤の筋肉を発達させる役割があるのです。
ですから、乳歯を抜いたままにしておくと歯が隙間を埋めようと動きます。

 

そうなると本来生えてくるはずの永久歯が生えるスペースが無くなってしまいます。
そこで、乳歯を抜いた場合は、そこに永久歯が生えるための場所を
確保しなければなりません。
そうしないと、永久歯が生えそろった時点で歯並びが悪くなってしまいます。

 

虫歯になった乳歯を放置すると虫歯環境になる

虫歯になった乳歯を、いずれは抜けるのだからとそのままにしておくと、
虫歯の原因菌がどんどん増えてしまいます。

 

そうなると永久歯が生えてからも口の中が虫歯環境になります。
つまり永久歯が生えそろった口の中が虫歯になりやすくなるのです。

 

乳歯の虫歯も適切な治療が必要

以上のようなことから、乳歯が虫歯になっても、
そのままで構わないという考えは正しくありません。

 

ちなみに、虫歯になりやすいと言う理由には唾液の分泌量、あるいは遺伝性があり、
さらに生活環境も影響します。

 

したがって、虫歯になった乳歯は適切な治療をして、
まずは虫歯菌を減らすようにしましょう。
そうすることで生え変わってきた永久歯が虫歯になりにくい口内環境が整います。

 

乳歯も虫歯にならないケアが重要

生来虫歯になりにくい体質があるようで、調査データによりますと、
虫歯や歯周病になりにくい口内乳酸菌を生まれながらに持っている幼児もいるそうです。
しかしそのような体質は少ないようですから、幼児の時から虫歯予防に効果がある歯磨きを使うように指導しましょう。

 

また、虫歯は歯科医院できちんと治療するようにしなければなりません。
そのために幼児専門の歯科医院や歯科クリニックがあるのです。

 

トップへ戻る